風評被害対策としてやるべきことの三点とは!

風評被害対策としてやるべきことの三点とは!

まずは警告から始めることです

様々な風評被害がありますが、その発信されたところがわかっているのであれば警告をします。できれば弁護士などに委託して正式に行います。大抵の場合、これで静まることになります。不特定多数が書き込む掲示板であってもそこの掲示板の管理者などに話をつけるか、或いは掲示板に法的な処置をします、と公式に書き込みをすればその場においては沈静化することになります。拡散した情報は回収はできないのでこれは覚悟が必要です。


広まりすぎた風評被害の対処

既にかなり広まっている風評被害に関してはどうすればよいのか、という問題があります。はっきりいって、これがなかなか難しいことになります。まず、インターネットの場合、すべての情報を回収して訂正をすることは不可能であると理解しておくべきです。ですが、訂正の情報を出すことは極めて正しい行動であると言えます。明確に犯人がわかっているならば、やはり訴えることになります。これは追加でそのような人達が出てくることを抑えるためにやります。


報道機関による風評被害

正直なところ、インターネット上の問題であれば不特定多数であり、細かく対処ができないのは大変ですが、一人を告発すれば後は謝ってくることすらあります。意外と正確な対処をすればどうにかなります。問題は報道機関による風評被害です。こちらは相当に権力がありますから、対処は難しいです。誤報を認めることを意地でもしないことが多いですから、やはり裁判、ということになります。話し合いで済めばよいですが、裁判は覚悟しておくべきです。弁護士に相談することです。



誹謗中傷対策において大事なことは冷静な対処です。落ち着いて削除依頼をするなどの対策を行いましょう。感情に流されてはいけません。