そんなに難しいものじゃない!Web制作の基礎

そんなに難しいものじゃない!Web制作の基礎

Web制作するにあたって

もはや無くてはならない存在となっているインターネット。インターネットサイトを作るにあたって必ずしなければ行けないのがWeb制作です。「Web制作って専門知識が無いとダメだから私には無理だな。」と思っている方も多いとは思いますが、簡単なページであればそこまで難しくなく仕組みさえ分かってしまえば苦労しません。詳しくなってから自分の作ったページをどんどん改良して行けるので最初から完璧なものを作る必要はありません。


まずはHTMLを理解する。

いきなりHTMLと言われてもよくわからないですよね。コレはパソコンの言語だと思ってください。ここで言語が覚えられないと思う方もいるとは思いますが基本的には自分の書きたい文章に始まりと終わりと言う意味の言葉を付けたりするだけです。その言語は英語に近しい形で作られているので(記号のみの場合もありますが)理解出来る言葉も存在します。例えば1番最初にタイトルを載せる場合は〈title〉〈/title〉でタイトルを挟めばOKです。


HTMLを理解する2

上記にあるように、自分の載せたい言葉をHTMLで挟む。まずはこれを理解してもらえるとわかりやすいです。どの言葉にもHTMLでパソコンに始まりと終わりを教えてあげることによって初めてパソコンも理解して実行してくれます。HTML言語をHTML言語ではさみ文章の構成を作り上げていきます。文章が出来上がったら一応のWebページは完成となるのでそのページをインターネットにアップロードすると一旦出来上がりとなります。その後詳しくなってからCSSと呼ばれる言語で文字のフォント等を編集すればもう立派なWeb制作者です。HTMLの説明で挟むと書きましたが例外もあるので気をつけてください。



web制作とは?簡単に言ってしまえばホームページ作成などです。実は企業ホームページなど、簡単な作りのように見えて実際はHTML等を用いる複雑なものです。それを代行して制作するというものになります。