新入社員研修の学習ポイントがありますーその3選

新入社員研修の学習ポイントがありますーその3選

新人からプロフェッショナルを目指す

学生時代に入学した時は成績が学年で最下位であったが、卒業するときは首席ということがおりました。入学してから努力して掴んだのです。それが社会人では通用しません。仕事のプロとしての態度・行動を、新人時代から身に付けることが大切なのです。新入社員の時に持たれた人物像の印象は、その会社に在籍している間、付きまといます。名刺の出し方、挨拶、遅刻などはもってのほかで、プロの仕事人としての資質を積み重ねる姿勢を持たせる研修でもあります。


自分の能力は自分で伸ばす努力

会社は研修制度を設けておりますが、自分の能力を高めていくには自分自身の努力がなければ伸びるものではありません。特に、一般社員時代の研修は、現場の実務研修が主体になります。業務の効率を高めるために部署ごとに行われることが多く、将来の中堅幹部や管理職研修などは選抜された従業員だけが受講できるものになります。生涯、一般社員であれば、受講の機会はありません。常に、上を目指した自己育成が必要であることを教えるのです。


目標を立てることで仕事を楽しむ

仕事というものは、日々繰り返す作業が基本になります。特に入社して3年間は作業の連続であるため、仕事に面白さを感じることがありません。ところが、仕事を楽しくする方法があるのです。それを教えるのも新入社員研修のテーマです。それは、自分の意志で目標を決めることです。手の届かないような目標でなく、達成可能な高さに設定し、いつまでに、何を、どれだけやろうとするのかを明確にするのです。どんなに小さな仕事にも創意工夫の余地があり、それを考えていく喜びを学ばせます。



社員研修には研修施設にて行う方法や、研修場所を指定して社員を収集するもの、ビデオや映像などの方法があります。