自身のブログに対する誹謗中傷を防ぐには!

自身のブログに対する誹謗中傷を防ぐには!

文字は誤解されやすい

ブログは、始めるのも継続するのも終わらせるのも全部自分次第。家の中で書く日記なら読者は限定されますが、ブログはインターネット上に公開されて、自分で規制等しない限り誰でも読むことができます。時には自分の意見を思い切りブログ上で公開することもあると思います。ただ、文字自体に感情はありませんので、例えば自分の中では冗談まじりに書いた文章が、一部の読者を傷つけてしまうということもあり得ます。すると、「悪口ブログ」などという解釈をされて中傷されてしまう可能性があります。自分の言葉が他人を傷つけていないか見直す必要があるのです。


よかれと思った画像が・・・

ブログは文字だけでなく写真を貼り付けることができ、より豊かで分かりやすい印象を相手に与えます。しかしよかれと思って撮った写真が思わぬ火種になる場合も少なくありません。例えばペットの顔にシールを貼り付けた面白可笑しい様子をブログにアップしたとします。少し間抜けなその姿に「可愛い」と言うコメントが並ぶと同時に「虐待だ」という意見もあるでしょう。確かにペットにしてみれば、シールを貼られるというのはイレギュラーなことであり、不快と感じているかもしれません。面白い画像かもしれませんが、根本的に良い画像かと言われると決してそうではありません。貼り付ける画像は、道理に合った正しい画像なのかを考える必要があります。


隙を見せるのは駄目!

残念なことに、どれだけ気を付けていても「単に誹謗中傷したい人」がいる以上は、誹謗中傷から完全に免れることはできないでしょう。差別発言や違法行為をブログに書くのは論外として、やはり人間は十人十色であるということを念頭に入れる必要があります。自分の意見を主張しつつ、しっかりと違う意見もフォローしながら書くと、誹謗中傷の芽を摘み取ることができます。いかがでしたか?インターネットは公共のスペースでもあるので、自分の主張をやみくもに主張するのではなく節度を保った記事を心がけましょう。



2ちゃんねる削除の方法を知りたい場合には、コンピュータに関するトラブルに詳しい弁護士に相談を持ち掛けることが有効です。